福島の農水産物の輸出が危ない(韓国)

福島の農水産物の輸出が危ない(韓国)

福島の農水産物の「風評被害」払拭のため福島県も農林水産省をはじめとした国もいろいろな努力をしています。しかしセシウムの100bq/kgの人体への安全の根拠などは発表されていない。国内はこれでも仕方ありません。国民各自の判断で食べるかどうか、自己責任で判断します。海外への輸出となると別物と思います。国民でさえ福島産の農水産物は敬遠する人のほうが多いのです。海外に輸出するのは以ての外です。ぜひとも思いとどまっていただきたい。ここに韓国大使の方の思いがありますので掲載します。

現地メデイアとのインタビュー内容めぐり波紋広がる 
水産物の輸入をめぐる韓日のWTO紛争中に 
「福島の状況伝えるのが私の仕事」 
今年7月には熊本・福島訪問も

イ・ジュンギュ駐日韓国大使=ハンギョレ資料写真//ハンギョレ新聞社

 イ・ジュンギュ駐日韓国大使が17日、3・11原発事故が起きた福島を訪問し、「福島の正確な状況を(韓国国民に)伝え、一日も早く韓国と福島の交流が活発に行われるように努力したい」と述べた。

 「福島民報」など日本のメディアの18日付の報道によると、イ大使は内堀雅雄・福島県知事との会談後、日本の記者団に、福島産農・水産物に対する韓国国民の不安感について「このような状況が一日で改善されることは難しい」と指摘しながらも、「韓国の国民が(福島を)直接見れば、徐々に改善されていくと思く。 科学的数値を含め福島県の正確な状況を本国の国民に伝えるのが私の仕事だ」と述べた。

 彼は続いて、韓國と福島を結ぶ国際定期便の再開については「航空会社が乗客を確保できるという確信を持つことができれば可能になる」との見解を示し、内堀知事が航空社側に直接要請することを勧めたと、日本のメディアが報じた。今年7月に赴任したイ大使は、震災に見舞われた熊本を訪れたのに続き、今月17日には福島を訪問した。

 イ大使の今回の発言は、駐日大使として、3・11福島原発事故による放射能汚染で今も苦しんでいる福島の人たちを元気づけるためのものと見られる。しかし、韓日両国が昨年5月から福島の水産物輸入問題をめぐり世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続きによる争いを繰り広げていることからすると、多少不用意な発言とも言える。

 韓国政府は2013年8月、3・11原発事故が起きた東京電力福島第1原発周辺で汚染水の流出が続いたことを受け、福島県など周辺8つの県の水産物の輸入を全面禁止した。これまで日本政府は、農林水産省・外務省など政府窓口だけでなく、漁業団体関係者など民間機関を通じても「韓国政府の(輸入禁止)措置は、科学的根拠が足りない」として、撤回を求めてきた。2008年、米国産牛肉の輸入禁止のための「キャンドル集会」でも確認されたように、食の安全に対する国民の関心が非常に高く、福島産水産物の輸入を中途半端に再開する場合、国民の激しい反発を招く恐れがある。

 今回の発言について駐日韓国大使館は「駐在国の状況について正確に本国に伝えるのが大使館の任務であることを確認すると共に、福島原発関連情報もきちんと伝えていることを強調したもの」と釈明した。

東京/キル・ユンヒョン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力: 2016-08-18 14:28

http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/757269.html訳H.J

 

福島の農水産物は輸出禁止にすべきです(01)

福島の農水産物は輸出禁止にすべきです。

福島の農水産物は輸出禁止にすべきです。日本人が原発事故に会い、自業自得で放射能汚染された農産物を食べるのは仕方がないと思うが、海外にばらまくのはどうかと思います。福島県知事が海外で福島産の農水産物を販売しているのです。不思議な光景です。

URL:https://www.nna.jp/news/show/1652501

福島県知事来マ、コメとモモ輸出拡大で合意

福島県の内堀雅雄知事は23日、マレーシア・クアラルンプール(KL)で記者会見を開き、福島県産のコメとモモのマレーシア輸出拡大で、輸入業者などと合意したと発表した。今年度の年間輸出目標は、コメを100トン、モモは2016年の倍以上に当たる15トンとした。日本で最も厳しい検査をクリアしていると安全性をアピールし、県産の農産物の海外販路拡大に弾みをつけたい考えだ。

コメの輸出拡大合意で、関係業者と握手をする内堀福島県知事(中央)=23日、クアラルンプール(NNA撮影)

コメの輸出拡大合意で、関係業者と握手をする内堀福島県知事(中央)=23日、クアラルンプール(NNA撮影)

福島県産のコメのマレーシアへの輸出は15年は12トン、16年はゼロだったが、今年は100トンの輸出を見込む。1年余り前からマレーシアの輸入業者などと協議を重ねてきたとし、今年は既に29トンがマレーシアへ輸出され、50カ所以上のレストランなどに卸されているという。

東京電力福島第一原発の事故以降、県産農産物の輸出は激減、今なお低迷しているが、福島県で収穫したコメは全量検査して国内外へ出荷されてきた。今回の合意について内堀知事は、「県の取組みへの理解が得られた結果」と述べた。年間100トンは確実に達成する目標と位置付け、関係業者などと協力し、さらなる輸出拡大を目指す。

モモは輸送方法を昨年までの空輸から、窒素ガスにより鮮度保持を可能とするCAコンテナを用いた船便に変更する。鮮度を維持した大量輸送が可能となることで、日系輸入業者のJMGトレーディングは、モモ1個当たりの店頭価格がこれまでの28~29リンギ(約715~740円)から、18リンギ程度になると見込む。マレーシアへのモモの輸出量は年々拡大しており、16年は13年比で約6倍となっている。

内堀知事は「福島の美味しいものを食べてもらうことが、復興につながる」とし、今回のコメとモモでの輸出拡大合意を突破口に、県産農産物のさらなる輸出拡大を図る考えだ。内堀知事は会見後、KL市内のスーパーマーケットで店頭プロモーションを行った。福島県は、マレーシアに続き、ベトナムでも県産品の販促を行う予定だ。

しかし、日本国内の現状は

福島の子供を見殺しにするな!!

農林水産省の「食べて応援しよう!」は死への誘い。

気をつけろ!殺されるぞ!

このブログをご覧いただく前に
http://inventsolitude.sblo.jp/article/42783218.html より(転載開始)
2013年05月15日 ずくなしの冷や水

私の目下の願いは、放射能汚染が続く中で、若い人たちに健康を害さずに生き延びてほしいというその一点に絞られています。

福島第一原発事故によって、世界は一変しました。過去の習慣や常識は全面的な見直しが必要です。残念ながら世の中には悪意の嘘が満ちています。

この先、放射能による健康被害は想像を絶するものになると心底恐れています。医療関係者自体 理解が不足しています

農林水産省の「食べて応援しよう!」は死への誘い。国の基準では食品の放射性物質汚染による健康被害を防げません。魚食はリスクが高くなっています。

福島に来ないでください。福島の物を食べないでください。 あなたが福島に来ると、福島の子供達が逃げられなくなります。 あなたが福島の物を食べると、福島の子供達が放射能汚染物質を食べることになります。

(美奈子‏@venus28aust氏)

放射能汚染された農水産物の輸出は許されるか?

放射能汚染された農水産物を輸出は許されるか?

汚染土壌
汚染土壌

日本国内でも「福島産農水産物」は敬遠されています。福島の方々は「風評被害」という言葉で被害者扱いしていますが、消費者としてはおっかなびっくりでみています。できれば買いたくないと思っています。値段が半額以下なら買ってみようかなと考えているのが普通の人です。放射能汚染の調査もいい加減なのではないか。放射能が検出されずと言われても「信用できない」しかも100bq/kg以下なら「ok」というのもいかがなものでしょうか。その農水産物を海外輸出です。これはいただけない。日本の自業自得で汚染されたものを海外に輸出とは、日本人はどこからも信用されなくなるでしょう。日本人が自ら招いた放射能汚染ですから、少なくとも国内で消費されるべきものです。山林は除染せずに「ふるさと帰還」を許す国です。作物も自国で責任を持つべきものと思います。

下記ニュースが飛び込み唖然としました。

福島産コメ、輸入規制を解除=他県産も証明不要に―EU

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は11日までに、東京電力福島第1原発事故後に日本産食品に課している輸入規制について、福島県産のコメなど10県産の一部食品を除外することを正式決定した。12月1日付で実施する。

 福島産のコメ規制解除により、他の都道府県産のコメも福島産でないことの証明が原則不要になる。秋田県は山菜などに対する規制がなくなり、対象地域から外れる。輸入規制はアジア各国を中心に今も残っており、EUの規制緩和の動きがこうした国や地域での規制見直しにつながることが期待される。

 EUは静岡県以東の13県からの一部食品輸入を対象に、放射性物質検査の証明書提出を義務付けてきた。規制緩和により、福島、秋田のほか、宮城、群馬、茨城、栃木、千葉、岩手、長野、山形の各県でも一部食品が除外され、証明書提出が要らなくなる。

 福島産コメのほか、福島、宮城、群馬、茨城、栃木、千葉、岩手の7県産の水産物のうち、カニなどの甲殻類、タコなどの軟体動物、ハマチ、マダイ、クロマグロなども規制対象から外れる。 

更に下記の情報が農林水産省から発表されています。海外にバラまいているのです。

URL:http://www.maff.go.jp/j/export/e_info/pdf/kisei_jokyo_170110_japanese.pdf

原発事故に伴う諸外国・地域による輸入規制の 撤廃・緩和の動向 (54ヵ国・地域) (コメ、野菜・果実、茶、薬用植物、牛乳・乳製品、食肉、水産物、加工食品) 平成29年1月 農林水産省食料産業局 

 

自由の森学園の学校給食

自由の森学園の学校給食

日本で一番まっとうな学食


山本 謙治 著

思春期の生徒達の“食育”に真正面から 取り組んでいるのが、「自由の森学園」の 食堂を運営する食生活部。
厳選した安全な食材のみを使用し、 全てのメニューがを手作り。 その自由の森学園の食堂の思想と 実践の軌跡に迫る。

この学園の卒業生でもある「山本謙治」氏はブログで

日本最高峰の学食は、僕の母校にある。 埼玉県飯能市・自由の森学園の素晴らしい食への取り組みをみていただきたい。

URL:http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2006/08/post_867.html

自由の森学園を巡る評価は、よい評価も悪い評価もとにかく極めて振幅が広い。
点数序列による評価をしない自由教育を標榜して、今年で創立以来21年目になるが、荒波に揉まれない時期はなかったといってよい。その教育方針に対して外部からの圧力があったり、父母との対立、ひいては辞めていった教職員との確執など、列挙したらいろいろ出てくる。それだけ「自由」というものをこの国で体現していくのは大変なことなのだ、と思う。

しかし今、自由の森は教育内容的には、ゆったりと成熟した時を刻もうとしているようだ。
僕が入学した二期の頃にいた先生はかなりの数が去られているが、残っている先生方も多い。懐かしく会った皆さんから、現在の自由の森は、教育方針も落ち着いて腰が据わってきた姿だというような感触を、僕は感じた。

僕は、教育を専門としていないから教育についてナニゴトかを言うつもりはない。
しかしはっきり言えるのは、この自由の森以上にレベルの高い中高生の学校食堂は、他にみたことがないということだ(いやあるかもしれない。僕が知らないだけかもしれないので、そこはご容赦)。
食育ブームのこの時期、小学校や幼稚園といった、子供が幼年期を過ごす場での食事に気を遣う事例は増えてきた。塗り箸や塗り椀を使わせる学校給食も増えてきた。

しかし、中高生という、不安定な精神が荒ぶる時期の食も大事だ。事実、自由の森の食堂のご飯を食べ続けることで、荒ぶる心や病んだ身体を治してきたという事例も多い。

日本で一番まっとうな学食

日本で一番まっとうな学食

日本で一番まっとうな学食

「自由の森学園・食生活部」さんのホームページです。

URL:http://www.jimori.com/index.htm

 

学校給食
学校給食

私たちは食べることによって生命を維持しています。
断食のような特別の場合を除き、人間の命は1日たりとも食べることなしには維持できません。食の問題はそれ程、本質的に生きることにかかわることなのです。

ところが、私たちの現状はどうでしょうか。見かけだけは立派だけど、本当の味を放棄してしまった食品の数々、経済優先の論理で、農薬や化学肥料漬けの農産物や畜産物。加工食品には有害とわかっていながら野放しにされたままの食品添加物が使われています。

文化としての食もまた、危機に瀕しているといってもいいでしょう。外食産業や総菜メーカーの進出で、家庭から独自の味が失われようとしています。

共に食べることで家庭の絆を深めていた食卓からひとり、またひとりと家族の姿が消え、テレビ相手にインスタントラーメンをすする子供だけが残ったというわびしい話も聞きます。荒廃した教育の現状を水俣の海にたとえるなら、食を基盤とした私たちの暮しもまた水俣の海と同じ状況を呈しているといっていいでしょう。

しかし育ち盛りの子供たちを持つ私たち母親としては、こうした状態に安閑としているわけにはいきません。“からだ”そのものを直接損なう有害な食品を拒否するのは勿論のこと、食べ物本来の姿を失った疑似食品、嗜好をマヒさせる毒々しい味付け、簡単だけがとりえのインスタント類などをできるだけ身辺から排除したいとさまざまな努力を続けています。ところが、本来食品とは認めがたい食物を出来るだけ追放したとしても、子どもの大切な生活の一端を担っている学校で、それを給食として供している場合が現実には大変多いのです。

遺伝子組み換え食物の意外な問題

遺伝子組み換え食物の意外な問題

raundup
raundup

下記記事は

「https://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20171029-00077496/」

から抜粋させていただきました。警告は発せられています。ひとりひとりが自己責任で判断するしかありません。スーパーは判断していないのです。厚生労働省が「大丈夫だろう」「表示がしてあればいいだろう」ということで販売されているのです。あとは私たち消費者の責任です。参考にしてください。

個人的には、遺伝子組み換え食物(GMO)を食べても、組み替えで導入した遺伝子が直接体に悪さをすると思ったことはない。また乾燥に強い食物を作成して砂漠で農業を行えるようにしたり、病気に強い作物を作ることが悪いと思ったことはなかった。もちろん、問題を感じる人がいてもいい。できるだけGMO使用の有無を正確に表示し、消費者が正しい選択を出来るようにすればいいと思っている。あえてGMOの問題を挙げるなら、自然変異をベースに続いてきたダーウィン進化が人間によって中断してしまったという点だろう。

ところがそんな私も、GMOによって農業の方法が変化することで、人間に思わぬ影響が及んでいるとは気がつかなかった。すなわち、除草剤に耐性遺伝子を組み込んだGMOが、除草剤の使用を増やすという問題だ。

今日紹介するカリフォルニア大学サンディエゴ校からの論文はGMO開発後急速に使用が拡大した除草剤がカリフォルニアのホワイトカラーに蓄積し続けていることを明らかにした研究で10月24日号の米国医師会雑誌に掲載された(Mills et al, Excretion of herbicide Glyphosate in older adults between 1993 and 2016(1993年から2016年の間の高齢者でのグリホサートの分泌), JAMA, 318:1610, 2017)。

グリホサートは米国の農業コンツエェルン・モンサント社により開発された最も成功した除草剤だ。特に、遺伝子組み換えによりグリホサート耐性食物が開発されてから、その使用量は増加している。これまで食品衛生上ほとんど毒性がないとされてきたが、2015年アメリカ及びヨーロッパで農業とは無関係の一般市民にグリホサートが蓄積していることが明らかになってから、毒性再検討の必要性が指摘されている。実際、カリフォルニア州では発ガンを誘導する可能性がある薬剤として指定された。

遺伝子組み換え作物を世界で一番食べているのは日本人です

遺伝子組み換え作物を世界で一番食べているのは日本人です

URL:http://iwj.co.jp/wj/open/archives/244341

NETで発見しました。日本人はもっと日本の食材に関して関心を持ち未来の子どもたちのために学校給食を考えていかなければなりません。参考にすべき記事です。

「特許を制する者が、種子を制する。種子を制する者が、食料を制する。食料を制する者が、世界を制する」──。ジャーナリストの天笠啓祐氏は、米国政府、モンサント社、ビル・ゲイツ財団などによる食料支配が進んでいる、と警鐘を鳴らした。

2015年5月2日、東京都大田区民ホールにて、「シンポジウム『種たねSeed』~種(たね)があぶない!食があぶない!命があぶない!」が開催され、天笠氏、詩人のアーサー・ビナード氏、在来種専門の種会社代表の野口勲氏が、農業が企業による巨大ビジネスになる危険性や、食の分野から見たTPPへの懸念を語った。

3人は口々に、「日本がTPPに参加することになれば、多国籍企業支配がさらに強まり、遺伝子組み換え種子が広がることで、伝統的な在来種が失われて、農家の作物を作る権利まで奪われる」と訴えた。そして、食や農に対する人々の意識を変えていくことが重要だとメッセージを送った。

種の専門家である野口氏は、「今は、世界中の野菜が子孫を作れない野菜になってしまった」と嘆き、「うちから種を買ってくれる人は、野口さんのニンジンは野ネズミが食って困る、と言う。同じ栽培をしても、F1のニンジンはネズミも食わない」と語る。

さらに、野菜は、外食産業の要求で品種改良されているのが実情だと述べ、「市場の7割を占める外食産業では、野菜の味が地域で違うと全国展開するレシピの味が狂ってしまうから、味のない野菜を求めてくる」と明かした。

ビナード氏は、「TPPは、システムも生物も特許の対象にしようとする。そうなると、われわれの祖先が真面目に地道に種を採ってきた営みが、過激派の犯罪みたいになってしまう」と懸念し、一番身近な食べ物を中心に考えて、TPPの恐ろしさを伝えていこうと呼びかけた。

絶滅するのか ふるさとのホタル

絶滅するのか ふるさとのホタル

Yahoo検索画像から
Yahoo検索画像から

ふるさとのホタルは絶滅の危機にあります。自然の里山、自然の沢水、自然の河川が破壊されてしまったのです。田んぼ・畑には農薬が大量に撒かれ、30年以上前は田畑に乱舞していたのです。ホタルを復活させようという運動はあるのですが、ホタルのためではなく観光のためが多いのです。ホタル幼虫も成虫も業者から買って放流してしまうのです。自然の昔のふるさとを復活させ、農薬の使用をやめ生活排水を川に流さないようにすることが先決です。そうすれば川の昆虫たちが出てきます。カニ・エビ・タニシ・シジミ・カワニナ・フナ・ドジョウが出てきます。そうすればホタルは出てくるはずです。放射能で汚染された福島は沢水・里山が汚染されたためホタルの再生はほぼ無理なのですが、この村はまだ大丈夫です。みなさまのご協力をよろしくおねがいします。

「飯舘村住民」の怒り これで帰村しろと言うのか

「飯舘村住民」の怒り これで帰村しろと言うのか

genpatsu15
genpatsu15

2015年07月13日 22時

「菅野さんの自宅では除染後、玄関側の空間線量が2.2マイクロシーベルトから0.5マイクロシーベルトに下がり、「どこの家でも、玄関側は7~8割減の数値になった」。ところが、家の裏手に回ると、「放射線量の測定値は5割前後しか低減しておらず、ある家では除染前の7.1マイクロシーベルトから、3.5マイクロシーベルトにしか下がっていなかった。除染後も、家の裏手が6マイクロシーベルトという高線量のままの家もある」。

 

菅野さんは「この理由は明白だ」と言う。比曽に限らず、山あいの谷や盆地ごとに集落ができた飯舘村では、ほとんどの家が裏手に「居久根(いぐね)」と呼ばれる屋敷林を背負う。子孫への財産として守られてきた居久根は、高さ30メートルを超える大木が多く、原発事故の際に降った放射性物質が付着したままだ。環境省は居久根の除染について、家から最大限の奥行き20メートルまでの範囲で、落ち葉など林床の堆積物や、高さ4メートルまでの枝を除去するだけにとどまり、土のはぎ取りを行っていない。その結果、家の回りだけを除染しても、裏手の居久根からの放射線がほとんど低減していないのだ。」

出典URL:http://www.huffingtonpost.jp/foresight/fukushima-iitate-radioactive-contamination_b_7781930.html

福島の被災地に積み上げられたフレコンバッグ

福島の被災地に積み上げられたフレコンバッグ

フレコンバッグ
フレコンバッグ

フレコンバッグの数は1000万個を越えたそうである。中間貯蔵施設を作るそうであるが、半分ぐらいを高速道路の下とか・海岸沿いに作る堤防の下に埋めてしまおうということらしい。ふるさとに帰ってきて大丈夫と言いながらフレコンバッグは野ざらし。山林の除染はしない。飯舘村にホタルの撮影に行った人が探し当てたホタルは溜池にいた一匹だけでした。事故前は乱舞していたそうです。

食の安全は現代日本の喫緊の課題となりました。遺伝子組換え・残留農薬・放射能汚染・F1種問題と課題が山積しています。