安心安全な食材を求めて(大地を守る会)

安心安全な食材を求めて(大地を守る会)

引用URL:http://www.daichi-m.co.jp/

「基本、農薬や化学肥料などには頼らず、農薬を使う場合は必要最低限の使用をコンセプトにしています!」

大地を守る会
大地を守る会

「オイシックスドット大地、農協との取組みを強化」独自の基準を作り、安全な食品を提供してきたOISIXと大地そして遅れを取っていた農協がタッグを組み始めた。ありがたいことです。日本の「学校給食」にも提供できるような仕組みを作っていただけるとありがたい。

商品サンプルがありましたので載せておきます。

今日は大地宅配のオリジナル商品『大地を守る会のマヨネーズ(純米酢仕立て)』の紹介をしたいと思います!シンプルな素材で作っているのに市販のマヨネーズよりおいしいという声が多く人気のある商品です。

マヨネーズというとちょっとクドいというイメージがありませんか?マヨラーと呼ばれる方はそんなことないかもしれないのですが、私的にはクドくて胃がもたれるのであまり使わない調味料でした。

しかし、マヨネーズも種類によっては味が全然違い、クドさがなくあっさりした感覚で食べれるものがあることを知りました。それを教えてくれたのが大地を守る会のマヨネーズなんです!

食べるとわかるのですが、味はしっかりとしたコクがあり濃厚な感じがするのですが、あっさりしていて全然クドくないんです。普段はマヨネーズ得意ではないのでそこまで使わないのですが、これならエビマヨとか作ってもいいなぁと思っちゃうぐらいでした。

マヨネーズ特有のちょっとツーンとくる酸味も和らいでいる感じなので、ポテトサラダとかを作ったりすると子供もおいしいと喜んでくれます!

シンプルな素材を使っているだけなのになぜ普通の安いマヨネーズと比べてここまで味に差がでるかというと、使われている素材がかなりこだわりのあるものだからなんです。

さらに余計な添加物などは一切使わずに作っているので素材本来の味だけで勝負し、安心・安全にも配慮したまさに特選品質の商品です。

では、どんな素材を使って作られているのか?ちょっと調べてみました!

おいしさの秘密

大地宅配 マヨネーズ

あっさりと食べやすいのにしっかりとしたコクのあるマヨネーズ!市販の普通のマヨネーズにはないおいしさの秘密はこだわりの素材にありました!

こだわり素材① 平飼卵

マヨネーズの主役となるのは『卵』です!卵にこだわることでマヨネーズの味や風味、コクは大きく変わるでしょう。大地を守る会のマヨネーズには山梨県黒富士農場の平飼い鶏の卵を使用しています。

山梨県の自然で自由に動き回り、自然の湧き水・非遺伝子組み換え飼料で育った鶏の卵はくさみがなくあっさりとした中にしっかとしたコクがあります。あっさりとした中にコクのある大地を守る会のマヨネーズはこの平飼い卵だからできるのだと思います。

こだわり素材② お酢と油

マヨネーズで使うお酢と油にもしっかりとこだわっています!お酢は国産米を醸造した純米酢を使用することで鼻にツンとしないまろやかさを実現しています!

油はなたね油を使用していますが、この油は普通のなたね油ではなく国内では希少な非遺伝子組み換えなたねの一番搾りです!以前『パルシステムの非遺伝子組み換えなたねの一番搾り』の紹介をしたときにお伝えしましたが、国内で使われるおよそ90%以上のなたね油は遺伝子組み換えと言われていて、非遺伝子組み換えのものは本当に希少なのです。

パルシステムのなたね油は国内のものではなくオーストラリア産のもので、大地を守る会のマヨネーズに使われているなたね油もオーストラリア産のものになります。

このこだわりのなたね油の一番搾りを使用していることが、マヨネーズ特有のクドさや胃がもたれるようなことを軽減してくれるのだと感じています!

大地宅配 マヨネーズ 成分

これが素材へのこだわりです!あっさりなのに濃厚なコクがあり、クドくないのにはこのようなしっかりとしたこだわり素材を使って作っているからです。

ちなみに市販のマヨネーズのほとんどが化学調味料などを使って味を調整しています。大地を守る会のマヨネーズは化学調味料一切不使用なので素材の味がいきています!

このマヨネーズを使うと市販のものには戻れないという声が多くありますが、私も確かにと思います。マヨネーズがあまり得意ではない私が胃もたれせずにおいしく食べれるので素材の良さがわかります。

 

===================

オイシックスドット大地、農協との取組みを強化
Oisix基準を満たす地域農協との商品取引額、昨年対比2倍以上に成長
~本年9月には葉物やにんじんを導入予定~

 

農業競争力強化支援法が本年8月から施行されるなど、日本の農業に注目が集まる中、有機・特別栽培の農産物や無添加加工食品などの食品宅配を展開するオイシックスドット大地株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平、以下、当社)は、既存の契約農家との取組みに加え、仕入れ先拡大および商品開発の拡充のため、農業協同組合(農協)との取組み強化を開始しました。
 当社の安全基準(Oisix基準)を満たし、かつ安定的な商品の供給が可能な地域農協など、農協関連団体との取引拡大を図っており、取引金額は昨年対比で約2.2倍に成長(図1参照)しています。
 本年9月からは、JA冨里市との協業により、葉物やにんじんの導入を予定しています。

■ なぜ協業するのか…双方のメリットについて

【当社にとってのメリット】
・Oisix基準を満たし、かつ大型産地の生産者を有しており、安定的な商品の仕入れが可能
・最新の選果機や予冷施設などを導入しており、安定した品質で仕入れることが可能
・製造機能を有しており、農産加工品の開発が可能

【農協や農協に所属する生産者にとってのメリット】
・新しい販路となり、野菜や果物の消費を増やし、製造工場などの施設を有効活用できる
・一般市場と異なり、直接取引を行うため、需要と供給のバランスにより価格が変動しないため、安定した価格での取引が可能となり生産計画を立てやすい

上記のような双方にとってのメリットから、取引先数も増え、取引額が伸長しております。

■ 取組み内容…オリジナル商品開発も実施

 全国の地域農協や農協関連団体と協業し、Oisix基準を満たす青果や農産加工品の仕入れや開発を行っています。
 たとえばJA宮崎経済連の関連会社であるJAフーズ宮崎とは、JAフーズ宮崎が有する設備を活用し、旬の時期に収穫直後原則24時間以内に急速冷凍したほうれん草の仕入れや、味噌汁や炒め物などの用途にあった当社オリジナルのミックス野菜の開発などを行っています。また、今年の夏からは、冷凍施設を活用し、当社が仕入れる他産地の野菜の冷凍化を始めました。
 他にも、JA南彩とは小松菜の仕入れ、JA佐久浅間とはズッキーニの仕入れ、JA岩手中央とはりんごの仕入れなど、各地域で取り組んでいる青果の仕入れを実施しています。
 また本年9月中には、JA冨里市との協業により、葉物やにんじんを導入予定です。
 今後も、当社は多様な方法でお客さまのニーズの高い商品の仕入れ先の拡大、商品開発を行っていく中で、農協との取組みを継続し、農業界の活性化に寄与していきます。

オイシックスドット大地株式会社について

オイシックスドット大地株式会社(代表:高島宏平)は、「子どもに安心して食べさせられる食材」をコンセプトに、有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品など多様な食品と豊かで楽しい食生活に役立つ情報を、オンラインサイト「Oisix(おいしっくす)」(http://www.oisix.com/)にて提供する事業を2000年6月より行っています。2013年7月からは、主に働く女性の「忙しくて毎日の食事に妥協したくない」というニーズに応えるため、Oisix基準を満たした安心安全な食材を使い、5種以上の野菜がとれる主菜と副菜の2品が20分で完成する献立キット「Kit Oisix(きっとおいしっくす)」の展開を開始しました。また、2017年10月、有機野菜販売の草分け的存在である「大地を守る会」との経営統合を予定しており、生産者ネットワークや物流面でのシナジーを生みだし、更なる市場拡大を目指しています。

================

 

 

 

食の安全は現代日本の喫緊の課題となりました。遺伝子組換え・残留農薬・放射能汚染・F1種問題と課題が山積しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。