遺伝子組み換え作物が危ない

遺伝子組み換え作物が危ない

遺伝子組み換え作物は近年急速に開発されたものである。

「第一世代組換え食品は、作物に除草剤耐性、病害虫耐性、貯蔵性増大などの形質が導入されたものである。これらの特質は、生産者や流通業者にとっての利点となるだけでなく、安価で安全な食品の安定供給につながるという点で消費者にとっても大きなメリットとなる。また、農薬使用量の減少や不耕起栽培の利用可能性などにより環境面での負荷の減少を図れることや、収穫量が多かったり、損耗が少なかったりという性質をもつことは持続的農業を進めていく上でも有用である。

以下に、除草剤耐性作物、害虫抵抗性作物、耐病性作物、保存性を増大させた作物、雄性不稔形質の付与と雄性不稔からの稔性の回復、耐熱性α-アミラーゼ生産トウモロコシ、乾燥耐性トウモロコシなどがある。」(ウィキペディアより)

遺伝子組み換え作物(ウィキペディア)

目次

  • 1 概要
  • 2 起源
  • 3 分類
    • 3.1 非食用遺伝子組換え作物
    • 3.2 遺伝子組換え食品の分類
  • 4 第一世代組換え食品の開発状況
    • 4.1 概説
    • 4.2 除草剤耐性作物
      • 4.2.1 概説
      • 4.2.2 ラウンドアップ耐性作物
      • 4.2.3 ビアラホス耐性作物
      • 4.2.4 ブロモキシニル耐性作物
      • 4.2.5 スルホニルウレア系除草剤耐性作物
      • 4.2.6 イミダゾリノン系除草剤耐性作物
      • 4.2.7 2,4-D耐性作物
      • 4.2.8 ジカンバ耐性作物
      • 4.2.9 イソキサフルトール耐性作物
      • 4.2.10 メソトリオン耐性作物
    • 4.3 害虫抵抗性作物
      • 4.3.1 概説
      • 4.3.2 Bt toxin生産作物
        • 4.3.2.1 概説
        • 4.3.2.2 Btスイートコーン品種
        • 4.3.2.3 Bt toxin生産作物の改善すべき点と益虫の増加
        • 4.3.2.4 Bt toxin生産作物の自家採種と抵抗性害虫の出現
      • 4.3.3 天敵誘引物質生産作物
    • 4.4 耐病性作物
      • 4.4.1 概説
      • 4.4.2 ウイルス抵抗性作物
        • 4.4.2.1 レインボー・パパイヤ
        • 4.4.2.2 沖縄における未承認のウイルス抵抗性遺伝子組換えパパイヤ栽培・市販事例
      • 4.4.3 ウイルス抵抗性品種の他の病害虫被害
      • 4.4.4 ディフェンシン生産イネ
    • 4.5 果実の収穫適期の拡大と保存性の向上
    • 4.6 マイコトキシン分解酵素生産作物
    • 4.7 雄性不稔形質作物
      • 4.7.1 概説
      • 4.7.2 組織特異的な除草剤感受性を利用した雄性不稔
      • 4.7.3 葯特異的発現をするDNAメチル化酵素を利用した雄性不稔
      • 4.7.4 BARNASEを用いた雄性不稔形質の付与とBARSTARを用いた雄性不稔からの回復
    • 4.8 耐熱性α-アミラーゼ生産トウモロコシ
    • 4.9 ストレス耐性作物
      • 4.9.1 概説
      • 4.9.2 RNAシャペロンを利用した乾燥耐性トウモロコシ
      • 4.9.3 グリシンベタイン蓄積によるストレス耐性
      • 4.9.4 プロリン蓄積によるストレス耐性
      • 4.9.5 トレハロース蓄積によるストレス耐性
      • 4.9.6 活性酸素消去酵素によるストレス耐性
      • 4.9.7 ムギネ酸類生産によるアルカリ土壌鉄欠乏耐性イネ
      • 4.9.8 フラボドキシン生産による鉄欠乏耐性植物
    • 4.10 組換え作物の収量
  • 5 第二世代組換え食品の開発状況
    • 5.1 概説
    • 5.2 オレイン酸高含有遺伝子組換えダイズ
    • 5.3 ステアリドン酸含有遺伝子組換えダイズ
    • 5.4 リシン高含有トウモロコシ
    • 5.5 プロビタミンA強化作物
      • 5.5.1 概説
      • 5.5.2 ゴールデンライス
      • 5.5.3 プロビタミンA強化ジャガイモ
    • 5.6 ビタミンE強化ダイズ
    • 5.7 アントシアニン高含有果実
    • 5.8 スギ花粉症緩和米
    • 5.9 鉄分豊富なコメ
    • 5.10 フィターゼ生産作物
    • 5.11 貯蔵デンプンの改質
    • 5.12 キャッサバ中のシアン化合物の削減
    • 5.13 ワタ子実中のゴシポールの削減
    • 5.14 アクリルアミド生成量の少ないジャガイモ
    • 5.15 涙の出ないタマネギ
    • 5.16 褐変しにくいリンゴ
  • 6 作製法
    • 6.1 概説
    • 6.2 導入系
      • 6.2.1 パーティクル・ガン法
      • 6.2.2 ウィスカー法
      • 6.2.3 アグロバクテリウム法
    • 6.3 選択系
    • 6.4 複製系
    • 6.5 分化・再生系
    • 6.6 植物の形質転換操作手順
      • 6.6.1 パーティクル・ガン法による手順
      • 6.6.2 アグロバクテリウム法による手順
    • 6.7 プラスチド形質転換
    • 6.8 新しい選択マーカー遺伝子と選択マーカー遺伝子の除去系の利用
      • 6.8.1 医療用、畜産用の抗生物質に対する耐性マーカー遺伝子の利用制限
      • 6.8.2 抗生物質耐性以外の新たな選択マーカー遺伝子
      • 6.8.3 選択マーカー遺伝子の除去系
    • 6.9 新技術(ジーン・ターゲッティング)の導入
      • 6.9.1 ALS遺伝子の特異的置換
      • 6.9.2 任意の遺伝子の特異的置換や遺伝子破壊
    • 6.10 遺伝子利用制限技術
      • 6.10.1 特異的化合物による遺伝子発現誘導系
      • 6.10.2 いわゆる「ターミネーター技術」
      • 6.10.3 遺伝的改変遺伝子除去技術(genetically modified gene deletor)
    • 6.11 エピジェネティック効果を用いた形質改変植物の育種
    • 6.12 安全性審査
      • 6.12.1 食品としての安全性の評価
      • 6.12.2 環境に与える影響の評価
  • 7 世界各国での栽培と輸出入の現状
    • 7.1 概説
    • 7.2 遺伝子組換え作物の主要栽培国と日本での栽培の現状
    • 7.3 日本の遺伝子組換え作物の輸入量
  • 8 遺伝子組換え食品の含有の表示
    • 8.1 概説
    • 8.2 日本における表示
      • 8.2.1 表示の法的根拠
      • 8.2.2 表示義務対象
      • 8.2.3 表示禁止対象
      • 8.2.4 加工食品における主な原材料とは
      • 8.2.5 義務表示
      • 8.2.6 任意表示
      • 8.2.7 非遺伝子組換え農産物及びこれを原材料とする加工食品
      • 8.2.8 分別生産流通管理と意図せざる混入
      • 8.2.9 高オレイン酸遺伝子組換え大豆等の表示
      • 8.2.10 不使用表示食品における遺伝子組換え食品の検出
    • 8.3 各国・地域における表示基準
  • 9 遺伝子組換え作物と有機栽培
    • 9.1 概説
    • 9.2 組換え作物由来の堆肥と有機栽培
    • 9.3 組換え作物と慣行農法や有機栽培との共存
  • 10 論争
    • 10.1 生態系などへの影響
      • 10.1.1 概説
      • 10.1.2 外来遺伝子による遺伝子汚染とその防除法
      • 10.1.3 遺伝子組換え作物と遺伝的多様性
      • 10.1.4 組換えカノーラもしくはその後代の自生
      • 10.1.5 組換えダイズとツルマメの交雑頻度
      • 10.1.6 Btトウモロコシ花粉の生態系に与える影響
    • 10.2 経済問題
      • 10.2.1 概説
      • 10.2.2 組換え作物栽培による農民の経済的利益
      • 10.2.3 種子の支配と種苗会社の寡占化
      • 10.2.4 多国籍組換え作物開発種苗会社と国際的な知的財産権
      • 10.2.5 シュマイザー事件
      • 10.2.6 インドにおけるBtワタ栽培と農民の自殺の関係の有無
    • 10.3 倫理面
      • 10.3.1 ゴールデンライスと遺伝子組換え食品反対運動
    • 10.4 食品としての安全性
      • 10.4.1 概説
      • 10.4.2 害虫抵抗性トウモロコシにおけるカビ毒含有量の低下
      • 10.4.3 ブラジルナッツ 2S アルブミン蓄積ダイズ
      • 10.4.4 スターリンク事件
      • 10.4.5 ニューリーフ・ポテト
      • 10.4.6 ラウンドアップレディー・ダイズを給餌した多世代飼育試験
      • 10.4.7 パズタイ事件
    • 10.5 背景

==============

これらは除草剤・害虫駆除剤などの農薬を撒いても作物が穫れるように耐性の作物を遺伝子操作によって作られたものである。

確かに農作業は機械化もでき量産もできるでしょう。これら「遺伝子組み換え作物」を食する上で危険性を叫ぶ団体もいる。

食の安全は現代日本の喫緊の課題となりました。遺伝子組換え・残留農薬・放射能汚染・F1種問題と課題が山積しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。