沈黙の春

沈黙の春 

沈黙の春
沈黙の春

 

沈黙の春 

「私たちの世界が汚染していくのは、殺虫剤の大量スプレーのためではない。私たち自身のからだが、明けても暮れても数かぎりない化学薬品にさらされていることを思えば、殺虫剤による汚染など色あせて感じられる。たえまなく落ちる水滴がかたい石に穴を開けるように、生まれおちてから死ぬまで、おそろしい化学薬品に少しずつでもたえずふれていれば、いつか悲惨な目にあわないともかぎらな。」

R。カーソンは60年前に警告を発していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です