~世界のダイオキシン類排出量の半分が日本から~「環境総合研究所」

  ~世界のダイオキシン類排出量の半分が日本から~「環境総合研究所」

  国連環境計画(UNEP)の調査報告によれば、世界中で排出されるダイオキシン類の約半分を日本一国が排出している。それらダイオキシン類の発生源は、古くは農薬、除草剤由来のものもあったと推定されるが、現在、その大部分は一般、産業を問わず廃棄物の焼却に由来すると推定される。日本の人口は米国の約半分であるが、ゴミの焼却量は米国を抜き世界第一位である

注)1995年時点のPCDD/PCDFの大気中への年間流出量(g-TEQ/a)
   既知の発生源からの総排出量は10,500g-TEQ/a。