ドローンによる農薬空中散布の規制緩和が進められている!「環境脳神経科学情報センター」

ドローンによる農薬空中散布の規制緩和が進められている!「環境脳神経科学情報センター」

環境脳神経科学情報センター開設のお知らせ&2019年9月7日の講演会情報

<ご挨拶>
長年、このサイトを開設しようと思いながら、大変時間がかかってしまいましたが、ようやく公開に至りました。
まだ準備中の項目も多々ありますが、順次内容を詰めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。
なお、ご意見、間違いなどありましたら、お知らせください。また当サイトの記事や画像を用いたいときには、ご連絡頂きますようお願いします。
2018年12月

 

講演会のお知らせ
2019年9月7日 日本有機農業研究会・夏のシンポジウムでお話しさせて頂きます。お時間のある方、ご参加ください
http://www.joaa.net/moyoosi/mys-19-0907.htmlこちら
■日 時:2019年9月7日(土)10:30~16:30
■会 場:国立オリンピック青少年総合センター センター棟501研修室
東京都渋谷区代々木神園町3-1
小田急線「参宮橋駅」下車 徒歩約7分
■参加費:1000円
■第一部:相次ぐ警告 10:30~12:30
グリホサートなど農薬をめぐる現況
農薬グリホサート(ラウンドアップなど)は発がん性をはじめとする有害性が明らかになり、使用禁 止にする国々が世界的に広がっています。米国では使用でガンを発症した人たちがバイエル・モンサ ント社を提訴し、次々と巨額の損害賠償判決が下されています。一方、これに逆行し残留基準を大幅 に緩めた日本。その背景を探り対抗措置を考えます。
食政策センター「ビジョン21」代表/本会理事 安田節子さん

 

国会議員の「デトックス・プロジェクト」に参加して
ミツバチが減少しています。農薬によって動植物の生態系に悪影響をもたらしているという啓発はずい ぶん前からありましたが、日本ではまだまだ農薬の規制の動きや、有機野菜という選択肢そのものが諸 外国と比較すると小さいのが実情です。家族の健康に留意し気を使うことから、そして、日本の未来を 考えた時見えてくる、持続可能な農業に必要な事についてお話しします。
衆議院議員 堀越啓仁さん
■第二部:会員からの報告 13:00~13:30
自作の曲「奇跡の国ルワンダ」弾き語り、ほか
群馬/滝の里農場/本会副理事長 大塚一吉さん
■第三部:農薬と人々の健康 13:30~15:00
発達障害急増の原因としての農薬など有害な化学物質
日本で自閉症など発達障害が急増しています。従来、発達障害の原因は遺伝要因が大きいとされてき ましたが、膨大な研究から環境要因が大きいことがわかってきました。環境要因は多様ですが、なか でも農薬など有害な化学物質の影響が疑われています。農薬は、“ 薬 ” ではなく殺生物剤で、基本的に 毒物です。OECD加盟国中、日本は農地単位面積当たりの農薬使用量 1、2 位の農薬使用大国。国内 の子どもの尿中には、高率に複数の農薬が検出されています。有機リン系、ネオニコチノイド系、ピ レスロイド系、除草剤グリホサートなど発達神経毒性のある農薬が、子どもの脳に悪影響を及ぼす科 学的証拠が蓄積しています。講演では最近の科学的知見の概要を紹介します。
環境脳神経科学情報センター 医学博士 木村-黒田純子さん