仙元山翔 のすべての投稿

福島の農水産物の輸出が危ない(韓国)

福島の農水産物の輸出が危ない(韓国)

福島の農水産物の「風評被害」払拭のため福島県も農林水産省をはじめとした国もいろいろな努力をしています。しかしセシウムの100bq/kgの人体への安全の根拠などは発表されていない。国内はこれでも仕方ありません。国民各自の判断で食べるかどうか、自己責任で判断します。海外への輸出となると別物と思います。国民でさえ福島産の農水産物は敬遠する人のほうが多いのです。海外に輸出するのは以ての外です。ぜひとも思いとどまっていただきたい。ここに韓国大使の方の思いがありますので掲載します。

現地メデイアとのインタビュー内容めぐり波紋広がる 
水産物の輸入をめぐる韓日のWTO紛争中に 
「福島の状況伝えるのが私の仕事」 
今年7月には熊本・福島訪問も

イ・ジュンギュ駐日韓国大使=ハンギョレ資料写真//ハンギョレ新聞社

 イ・ジュンギュ駐日韓国大使が17日、3・11原発事故が起きた福島を訪問し、「福島の正確な状況を(韓国国民に)伝え、一日も早く韓国と福島の交流が活発に行われるように努力したい」と述べた。

 「福島民報」など日本のメディアの18日付の報道によると、イ大使は内堀雅雄・福島県知事との会談後、日本の記者団に、福島産農・水産物に対する韓国国民の不安感について「このような状況が一日で改善されることは難しい」と指摘しながらも、「韓国の国民が(福島を)直接見れば、徐々に改善されていくと思く。 科学的数値を含め福島県の正確な状況を本国の国民に伝えるのが私の仕事だ」と述べた。

 彼は続いて、韓國と福島を結ぶ国際定期便の再開については「航空会社が乗客を確保できるという確信を持つことができれば可能になる」との見解を示し、内堀知事が航空社側に直接要請することを勧めたと、日本のメディアが報じた。今年7月に赴任したイ大使は、震災に見舞われた熊本を訪れたのに続き、今月17日には福島を訪問した。

 イ大使の今回の発言は、駐日大使として、3・11福島原発事故による放射能汚染で今も苦しんでいる福島の人たちを元気づけるためのものと見られる。しかし、韓日両国が昨年5月から福島の水産物輸入問題をめぐり世界貿易機関(WTO)の紛争解決手続きによる争いを繰り広げていることからすると、多少不用意な発言とも言える。

 韓国政府は2013年8月、3・11原発事故が起きた東京電力福島第1原発周辺で汚染水の流出が続いたことを受け、福島県など周辺8つの県の水産物の輸入を全面禁止した。これまで日本政府は、農林水産省・外務省など政府窓口だけでなく、漁業団体関係者など民間機関を通じても「韓国政府の(輸入禁止)措置は、科学的根拠が足りない」として、撤回を求めてきた。2008年、米国産牛肉の輸入禁止のための「キャンドル集会」でも確認されたように、食の安全に対する国民の関心が非常に高く、福島産水産物の輸入を中途半端に再開する場合、国民の激しい反発を招く恐れがある。

 今回の発言について駐日韓国大使館は「駐在国の状況について正確に本国に伝えるのが大使館の任務であることを確認すると共に、福島原発関連情報もきちんと伝えていることを強調したもの」と釈明した。

東京/キル・ユンヒョン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

韓国語原文入力: 2016-08-18 14:28

http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/757269.html訳H.J

 

遺伝子組み換え食物の意外な問題

遺伝子組み換え食物の意外な問題

raundup
raundup

下記記事は

「https://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20171029-00077496/」

から抜粋させていただきました。警告は発せられています。ひとりひとりが自己責任で判断するしかありません。スーパーは判断していないのです。厚生労働省が「大丈夫だろう」「表示がしてあればいいだろう」ということで販売されているのです。あとは私たち消費者の責任です。参考にしてください。

個人的には、遺伝子組み換え食物(GMO)を食べても、組み替えで導入した遺伝子が直接体に悪さをすると思ったことはない。また乾燥に強い食物を作成して砂漠で農業を行えるようにしたり、病気に強い作物を作ることが悪いと思ったことはなかった。もちろん、問題を感じる人がいてもいい。できるだけGMO使用の有無を正確に表示し、消費者が正しい選択を出来るようにすればいいと思っている。あえてGMOの問題を挙げるなら、自然変異をベースに続いてきたダーウィン進化が人間によって中断してしまったという点だろう。

ところがそんな私も、GMOによって農業の方法が変化することで、人間に思わぬ影響が及んでいるとは気がつかなかった。すなわち、除草剤に耐性遺伝子を組み込んだGMOが、除草剤の使用を増やすという問題だ。

今日紹介するカリフォルニア大学サンディエゴ校からの論文はGMO開発後急速に使用が拡大した除草剤がカリフォルニアのホワイトカラーに蓄積し続けていることを明らかにした研究で10月24日号の米国医師会雑誌に掲載された(Mills et al, Excretion of herbicide Glyphosate in older adults between 1993 and 2016(1993年から2016年の間の高齢者でのグリホサートの分泌), JAMA, 318:1610, 2017)。

グリホサートは米国の農業コンツエェルン・モンサント社により開発された最も成功した除草剤だ。特に、遺伝子組み換えによりグリホサート耐性食物が開発されてから、その使用量は増加している。これまで食品衛生上ほとんど毒性がないとされてきたが、2015年アメリカ及びヨーロッパで農業とは無関係の一般市民にグリホサートが蓄積していることが明らかになってから、毒性再検討の必要性が指摘されている。実際、カリフォルニア州では発ガンを誘導する可能性がある薬剤として指定された。

遺伝子組み換え作物を世界で一番食べているのは日本人です

遺伝子組み換え作物を世界で一番食べているのは日本人です

URL:http://iwj.co.jp/wj/open/archives/244341

NETで発見しました。日本人はもっと日本の食材に関して関心を持ち未来の子どもたちのために学校給食を考えていかなければなりません。参考にすべき記事です。

「特許を制する者が、種子を制する。種子を制する者が、食料を制する。食料を制する者が、世界を制する」──。ジャーナリストの天笠啓祐氏は、米国政府、モンサント社、ビル・ゲイツ財団などによる食料支配が進んでいる、と警鐘を鳴らした。

2015年5月2日、東京都大田区民ホールにて、「シンポジウム『種たねSeed』~種(たね)があぶない!食があぶない!命があぶない!」が開催され、天笠氏、詩人のアーサー・ビナード氏、在来種専門の種会社代表の野口勲氏が、農業が企業による巨大ビジネスになる危険性や、食の分野から見たTPPへの懸念を語った。

3人は口々に、「日本がTPPに参加することになれば、多国籍企業支配がさらに強まり、遺伝子組み換え種子が広がることで、伝統的な在来種が失われて、農家の作物を作る権利まで奪われる」と訴えた。そして、食や農に対する人々の意識を変えていくことが重要だとメッセージを送った。

種の専門家である野口氏は、「今は、世界中の野菜が子孫を作れない野菜になってしまった」と嘆き、「うちから種を買ってくれる人は、野口さんのニンジンは野ネズミが食って困る、と言う。同じ栽培をしても、F1のニンジンはネズミも食わない」と語る。

さらに、野菜は、外食産業の要求で品種改良されているのが実情だと述べ、「市場の7割を占める外食産業では、野菜の味が地域で違うと全国展開するレシピの味が狂ってしまうから、味のない野菜を求めてくる」と明かした。

ビナード氏は、「TPPは、システムも生物も特許の対象にしようとする。そうなると、われわれの祖先が真面目に地道に種を採ってきた営みが、過激派の犯罪みたいになってしまう」と懸念し、一番身近な食べ物を中心に考えて、TPPの恐ろしさを伝えていこうと呼びかけた。

絶滅するのか ふるさとのホタル

絶滅するのか ふるさとのホタル

Yahoo検索画像から
Yahoo検索画像から

ふるさとのホタルは絶滅の危機にあります。自然の里山、自然の沢水、自然の河川が破壊されてしまったのです。田んぼ・畑には農薬が大量に撒かれ、30年以上前は田畑に乱舞していたのです。ホタルを復活させようという運動はあるのですが、ホタルのためではなく観光のためが多いのです。ホタル幼虫も成虫も業者から買って放流してしまうのです。自然の昔のふるさとを復活させ、農薬の使用をやめ生活排水を川に流さないようにすることが先決です。そうすれば川の昆虫たちが出てきます。カニ・エビ・タニシ・シジミ・カワニナ・フナ・ドジョウが出てきます。そうすればホタルは出てくるはずです。放射能で汚染された福島は沢水・里山が汚染されたためホタルの再生はほぼ無理なのですが、この村はまだ大丈夫です。みなさまのご協力をよろしくおねがいします。

「飯舘村住民」の怒り これで帰村しろと言うのか

「飯舘村住民」の怒り これで帰村しろと言うのか

genpatsu15
genpatsu15

2015年07月13日 22時

「菅野さんの自宅では除染後、玄関側の空間線量が2.2マイクロシーベルトから0.5マイクロシーベルトに下がり、「どこの家でも、玄関側は7~8割減の数値になった」。ところが、家の裏手に回ると、「放射線量の測定値は5割前後しか低減しておらず、ある家では除染前の7.1マイクロシーベルトから、3.5マイクロシーベルトにしか下がっていなかった。除染後も、家の裏手が6マイクロシーベルトという高線量のままの家もある」。

 

菅野さんは「この理由は明白だ」と言う。比曽に限らず、山あいの谷や盆地ごとに集落ができた飯舘村では、ほとんどの家が裏手に「居久根(いぐね)」と呼ばれる屋敷林を背負う。子孫への財産として守られてきた居久根は、高さ30メートルを超える大木が多く、原発事故の際に降った放射性物質が付着したままだ。環境省は居久根の除染について、家から最大限の奥行き20メートルまでの範囲で、落ち葉など林床の堆積物や、高さ4メートルまでの枝を除去するだけにとどまり、土のはぎ取りを行っていない。その結果、家の回りだけを除染しても、裏手の居久根からの放射線がほとんど低減していないのだ。」

出典URL:http://www.huffingtonpost.jp/foresight/fukushima-iitate-radioactive-contamination_b_7781930.html

福島の被災地に積み上げられたフレコンバッグ

福島の被災地に積み上げられたフレコンバッグ

フレコンバッグ
フレコンバッグ

フレコンバッグの数は1000万個を越えたそうである。中間貯蔵施設を作るそうであるが、半分ぐらいを高速道路の下とか・海岸沿いに作る堤防の下に埋めてしまおうということらしい。ふるさとに帰ってきて大丈夫と言いながらフレコンバッグは野ざらし。山林の除染はしない。飯舘村にホタルの撮影に行った人が探し当てたホタルは溜池にいた一匹だけでした。事故前は乱舞していたそうです。

カップラーメン・インスタントラーメンは危険食材

カップラーメン・インスタントラーメンは危険食材

カップラーメン
カップラーメン

2014年アメリカでは今、食品としてのカップ麺の成分および容器について問題が大きく紹介された。『メイヨー・クリニック(本部はミネソタ州)』が、インスタント麺を多く食する人々と各種疾患の発病率について調査した結果、日本人が思っている以上に危険性は高いと発表。そもそもインスタント麺が脂肪分、塩分が高い食品であることは無視できないとするものの、やはり心臓病、脳卒中、糖尿病などメタボリック症候群を引き起こす確率が高いと発表した。

福島原発事故汚染はまだ続く

福島原発事故汚染はまだ続く

汚染水タンク
汚染水タンク

福島原発事故による海洋汚染はまだ続いている一部の魚は漁獲許可が降り販売までされている。

宮城、茨城の魚が高線量!! 

これらの魚を食べて白血病になった家族からの調査依頼

(検体1)宮城県まこがれい 0.35μSV/h

(検体2)茨城県真いわし  0.46μSV/h

(検体3)アメリカ産カレイ  上昇せず(室内の空間線量0.13μSV/h)

『食べて応援』により、落命した方の御冥福をお祈りします
https://www.youtube.com/watch?v=BKr0aj_1k1k&feature=youtu.be より
2014/02/08 に公開」

という記事が載っていた。

一日800トンの汚染水が海に流れている。そのうち80トンを汲み上げて浄化?していると言っていたが、タンクのの量はそれほど増えていない。どのくらい汚染された水をどれだけ浄化し、どれだけ海に流したか発表されているのだろうか。凍土壁がうまく行かず穴が空いたという報道があったがその後どうなったのか。

福島県楢葉町が避難指定区域を解除?

福島県楢葉町が避難指定区域を解除?

汚染水タンク
汚染水タンク

空間線量で20mSv/yを下回ったから避難指定区域を解除とは何ともやりきれない思いです。住居の周りだけ除染作業をし、山林は全く除染していない。世界中の笑いものです。子どもたちを集めて運動会までやるとは正気の沙汰ではありません。今でも発がん性物質を空気中に・海洋に撒き散らしているのです。風評被害と言われる「食品」も(ベクレル/kg)以下なら良いという基準を作っているだけです。100ベクレル/kgだったような気がします。家畜に食べさせる牧草もいい加減な基準です。外国から輸入しているようですが、残留農薬などの心配もあるはずです。