「未分類」カテゴリーアーカイブ

現在の遺伝子組み換えを使った農業の何が問題か「ATJ」

 

現在の遺伝子組み換えを使った農業の何が問題か「ATJ」

 

現在の遺伝子組み換えを使った農業の何が問題か、具体的に見てみたいと思います

遺伝子組み換えの定義

遺伝子銃

遺伝子銃。強制的に遺伝子を操作する一つの方法。

遺伝子組み換えとは英語ではGenetic Modification、つまり遺伝子操作です。自然の中でも遺伝子は変化していきますが、この技術は人為的にたとえばクモの遺伝子をヤギにとか、魚の遺伝子をトマトにとか、バクテリアの遺伝子を大豆になど、自然界で起こらない遺伝子操作を強制的に行うものです(他の生物の遺伝子を組み込まず、RNA-iと呼ばれる方法で特定の遺伝子を抑制する遺伝子操作も含まれます)。

この遺伝子操作を日本では遺伝子組み換えと呼んでいるため、遺伝子組み換え問題の訴えに対して、自然でも起きている遺伝子組み換えを否定するのか、という混乱が起きることがあります。しかし、遺伝子が親から子へと受け継がれる縦の遺伝子の継承と変容と、遺伝子組み換え企業が行なう異なる生物間の遺伝子操作とは明らかに異なるものであり、前者からは発生しない予想不可能な大きな問題が起きる可能性が指摘されているものです。

遺伝子組み換え農業が作り出す問題

健康に悪影響を与える可能性が高い。

遺伝子組み換え企業やその影響を受けた政府機関は遺伝子組み換えは健康に害を与えず、安全だと宣伝しています。しかし、その安全の根拠には根底的に疑問がつきつけられています。その安全という根拠は遺伝子組み換え企業自身が行った実験データなのですが、その実験はわずか90日だけであり、そのデータの詳細は一般には公開されていません。
遺伝子組み換え作物の危険を指摘する研究は多数発表されています。一方で、危険性を指摘した学者が発表後、職を追われるなどのケースも世界で相次いでいます。
健康への影響については完全に中立な長期にわたる実験が必要とされています。

米国で急増する慢性疾患

米国での甲状腺ガンと遺伝子組み換えの推移

米国での甲状腺ガンと遺伝子組み換えの推移

現実に遺伝子組み換え食品の割合が非常に高い米国では遺伝子組み換え食品の出現と共にガン、白血病、アレルギー、自閉症などの慢性疾患が急増しています。この事実だけから遺伝子組み換えの有害性を断言できるわけではないですが、危険の可能性は十分指摘できるでしょう。

水俣病のケースでもチッソが垂れ流す水銀が水俣病の原因であることは指摘されていたにも関わらず、必然性が証明されない、として対策が見過ごされ多くの人びとが苦しみ、環境が汚染される結果を招きました。

WTO 逆転敗訴。

WTO 逆転敗訴。悲しいことである。日本は福島原発以降、国内でも放射能に汚染された地域の農水産物は流通が難しいのである。これを有ろう事か輸出している。更に輸入規制している国を提訴するとは、なんとも恥ずかしいことである。放射能汚染してしまった以上、輸出は自粛すべきである。いくら100ベクレル以下は安全だと言っても嫌な人は嫌なのである。国内で流通すべきである。ただ、子どもたちに食べさせるのは避けたい。学校給食の皆さんよろしくおねがいします。

新聞、テレビ等のコメントも目を疑うようなものばかりです。

日本人よ日本人であることを忘れてしまったのでしょうか。政府も日本の恥じにならぬようお願いします。ますます日本の価値が下がっていきます。原発事故そのものが日本の恥じですから・・・。

「沈黙の春」は言う。

「沈黙の春」は言う。ただ自然の秩序をかきみだすのではない。いままでにない新しい力・・・質の違う暴力で自然が破壊されていく。ここ二五年の動きを見れば、そう言わざるをえない。たとえば、自然の汚染。空気、大地、河川、海洋、すべておそろしい、死そのものにつながる毒に汚れている。そして、たいていもう二度ときれいにならない。食物、ねぐら、生活環境などの外の世界が汚れているばかりではない。禍のもとは、すでに生物の細胞組織そのものにひそんでいく。もはやもとへもどせない。汚染といえば放射能を考えるが、化学薬品は、放射能にまさるとも劣らぬ禍をもたらし、万象そのもの・・・生命の核そのものを変えようとしている。核実験で空中にまいあがったストロンチウム90は、やがて雨やホコリにまじって降下し、土壌に入り込み、草や穀物に付着し、そのうち人体の骨に入りこんで、その人間が死ぬまでついて回る。だが、化学薬品もそれに劣らぬ禍をもたらすのだ。畑、森林、庭園に撒き散らされた化学薬品は、放射能と、同じようにいつまでも消え去らず、やがて生物の体内に入って、中毒と死の連鎖を引き起こしていく。また、こんな不思議な事もある・・・土壌深くしみこんだ化学薬品は地下水によって遠く運ばれていきやがて地表に姿をあらわすと、空気と日光の作用をうけ、新しく姿をかえて、植物を滅ぼし、家畜を病気にし、きれいな水と思って使っている人間のからだを知らぬ間にむしばむ。アルベルト・シュヴァイツァーは言う・・・《人間自身がつくり出した悪魔がいつか手におえないべつのものに姿を変えてしまった。》

自然農 海と里山の分断(その2)

自然農 海と里山の分断(その2)

これは前回の投稿の続きです。前回のダムで引き込まれた水は5,6箇所の水門を通り、100メートルほど先の下流に戻されるものもある。上流に行こうとする魚達がこの水門を通って下流に行けるわけがなく、ここで彼らの運命は終わるのである。人々は自然界からの反撃、復讐が来ることを知っているのだろうか。復讐は終わっているのかもしれない。

河川の分断
河川の分断

里山の沢水は破壊された

里山の沢水は破壊された。このダム建設期間が1年強、土砂とセメント、沢水の分断などで「森は海の恋人」であるにも関わらず分断されたのです。更に高い堰があり。沢に住むタニシ・カワニナ・カニなどの昆虫はいなくなり、小魚もいなくなりました。親子で水浴びに来ていた小鳥たちもどこかに行ってしまった。

最近できた砂防ダム
最近できた砂防ダム